☆pH測定器のお話☆

お久しぶりです。ぺぱこです☆
急に寒くなり、レックスの機材倉庫や検査室もどんどん冷えてきました><

ところで先月、私の1番好きな分野でもある水質機器の維持管理講習会に行ってきました。
レックスにもたくさんの水質計がありますが、その中でも特によく使われるのがpH計です。
pHとは水素イオン指数のことであり、水の酸性、中性、アルカリ性を示す指標です。
水が7で中性、7より小さくなると酸性、7より大きくなるとアルカリ性です。

測定は普通はガラス電極法という方法で行います。
これはpHに比例した起電力を発生するガラス電極と電位測定のための基準電位を与える比較電極の2種類を一対にした電極を使って測定する方法です。
再現性がよいことや酸化や還元の影響を受けにくいことからどんな溶液にも使いやすい測定方法です。
レックスにあるpH測定器もpH/ORP計D-52S、ポータブル溶存酸素・pH計DM-32Pなどはガラス電極法による測定ができます!
また、多項目の測定が可能な水質計WQC-24やW-22XDなどもあります。

しかし!!
実はこの電極はとってもデリケートなんです。。。
汚れたり高圧がかかったり電極内部の液が消耗したりするということを聞いてくれなくなってしまいます。
だから愛情を持って正しいお手入れをしなければいけません。

まだまだ知識不足な私ですが、これからもしっかり勉強していきたいと思います♪

タグ:

関連記事

コメント

コメントする

管理人にのみ公開されます

CAPTCHA