【安全対策用】3種類の警報装置をご紹介!

現場で、安全対策をしたい。
そのために、警報装置を使いたい・・・。
という方にオススメの記事です。
レックスでは、3種類の同じような警報装置システムをレンタルさせて頂いています。
その3種類が、以下です!

NETIS登録番号:KT-130008-A
※NETIS番号が、KT-130008-VEに変更になりました。
無線式重機接近警報装置 HESAR
センサに、ICタグを使用しています。

作業員の安全対策に使われる装置になり、
この類似品としては、

みはり組 作業員装着警報感知システム
NETIS登録番号:KT-090057-V
※NETIS番号が、KT-090057-VEに変更になりました。
センサに、ヘルセンサを使用しています。

であったり、

トラぽん太 重機用作業員接近検知・警報装置
NETIS登録番号:TS-020002-V
センサに、チョッキを使用しています。

がございます。

特にオススメしたいのが、無線式重機接近警報装置 HESAR
大きな違いは、検知する範囲が最大10mであるということと、
3つまでLED表示器にて色判別(黄・緑・赤)で判断することができるのです。

また、今回ご紹介させて頂いた警報装置システムのNETIS番号が変更しているものもございますので、検索の際にはご注意下さいませ。

 

是非、今後、レンタルでお試し下さい!

タグ:
雑記|2013/11/27|Comments (0)

関連記事

コメント

コメントする

管理人にのみ公開されます

CAPTCHA