お仕事なんですか?

ガッチャガッチャマンは金属、違う勤続○○年をだいぶ前にレックスでお祝いして
貰いました。
長いこと居るのでいろいろな質問を受けてきましたが、業界以外の方(子供を含む)
からの質問で一番多かったのは「お仕事なんですか?」です。

レンタルしてます、って言ったら中身の説明をしなきゃいけないんですが、普通の
人に”トランシットやサーベイメーターや測深機やサーモグラフィやAEDやなん
かをレンタルしてます”っても、最後のAED位しか反応して貰えません。

日本語で”ものを貸してます”って言うともっと面倒です。親切心か興味本位かわ
かりませんが、自分が借りることが出来るようなものを挙げていろいろ聞かれます。
自動車は?バーキューセットは?パソコンは?発電機は?って。最後には冗談でス
キー(スノボ)の板やサッカーのゴール、結婚式の衣装まで言われたことがありま
す。やです。

確かにレックスはレンタル会社ですが、レンタカーは借りる方だし、松葉杖(!)
も借りたし、不足商品は他社やメーカーから調達する(借りる)こともあります。

で、ここ10年位は”レンタル”や”貸す”って言いません。
”いろんなものを【はかる】仕事”って答えます。
これでも「測量ですか」って返してくる人が半分位居ます。
だから”測量も含めて、例えば騒音振動とか水質とか放射線とか、粉塵とか、あと
は地滑りや地盤沈下なんかもはかってますね。”
なんて感じで答えてます。

もうちょっと説明を聞いてくれる人には、イメージをつかんで貰うために瀬戸内海
にかかる長大橋の話をします。

吊り橋や斜張橋などには高い柱(主塔)があります。1本の場合も複数の場合もあ
りますが、その高さは明石海峡大橋で概ね300m。来島海峡大橋でも200m位
あります。これは10m高さのブロックをボルトなどで固定しながら20個あるい
は30個を積み上げていった結果なんですが、このブロック1個1個のサイズがな
んと100分の1mmの精度で作られているそうです。
なお、積み上げていく施工の精度は0.1~1mmくらいになると思われます。

また明石海峡大橋では全長約4km、来島海峡大橋(3連の吊り橋)でもそのうち
の2つが全長約1.5kmあります。この距離や位置をcm単位で正確に測量して
いないとあっちとこっちでずれてしまいます。

さて、1kmは100分の1mmの何倍でしょうか?

答えは1億倍です。

このような1億倍以上の差があるような計測対象を、どちらも精度よく計測しなけ
ればなりません。そんな仕事です。
1台の計測機でこの全部を計測するなんてことは無理ですから、それぞれのサイズ
や環境に合った機材を選択する、そんな仕事です。
同じサイズでも必要とされる精度が異なる場合もあるので、予算や条件に合った提
案をさせていただく、そんな仕事です。

これでもかなり長いですね。もうちょっと短くうまく説明する方法って無いでしょ
うか。

タグ:

関連記事

コメント

コメントする

管理人にのみ公開されます

CAPTCHA