価値のあるテレビ番組

価値のあるTV

ガッチャガッチャマンはテレビっ子ではありません。

いわゆるテレビっ子世代のはしりの年代なんですが、
昔から番組の好き嫌いが激しくて、

のべつテレビがついているという環境にはありませんでした。

今でもテレビ放送の9割以上は無価値以下だと思っています。

そんなガッチャガッチャマンが推薦する番組がNHKの

「総合診療医ドクターG」

です。

別に知的レベルが高いとか、

知らない世界を見ることが出来るとか、

クイズ形式が面白いとか、

新しい知識が手に入るとか、

そんな事はどうでもいいんです。

この番組の価値がどこにあるかっていうと、

「現象(症状)から原因(病名)をいくつか推定し、それを別の条件を加味して絞り込んでいく」

という作業を逐一見せることで、他の分野の全ての業務における基本的なトラブル(等)対応作業のお手本を見せてくれているからなのです。

特にすごいのは

①最初は問診のみで絞り込む

→この時点で相手の言い分(主訴)をしっかり聞き取ることと、

こちらが確認しておきたいことをしっかりと聞き出しておくことが重要です。

※営業・質問やトラブル対応の電話対応などがレックスでの業務に当たります。

ここでしっかり聞き取りを行うためには対応機材やシステム、使用方法を理解していないといけません。

②必ず複数の原因を考える

→問題の原因を決め打ちしてしまうとつじつまが合わなくなっても

無理矢理合わせるか(間違う)、

最初からやり直す時間の無駄が発生します。

番組では豊富な医学の知識がものをいいます。

※使用条件・機材構成・(失礼ですが)相手のレベル等も考慮しなければなりません。

実は計測機の性能(精度や計測時間など)も関わってきます。

③複数の原因の組み合わせになる場合もあるので、

一旦絞り込んでも固定しない。

→この範囲はこの原因、別の範囲は別の原因ということもしばしばあります。

※特に複数の計測機などを組み合わせて構成されているシステム商品については注意が必要です。

④絞り込みの際には根拠を示す

→気分だったり思い込みだったり先入観だったり相手先の要望だったり。

そんな事で判断を誤ると、トラブルが大きくなったり取り返しがつかなくなります。

知識だけでなく、相手にわかる説明が出来なければ・・・・

※相手の思い込みの場合もあるので、引きずられないように。

また相手を納得させることが出来る説明(中学生にわかるように説明できればOKです)が出来るかどうか。

⑤必ず結果の確認を行う

→対策が正しかったか、もっと良い方法はないか。

などの検証を行っておくことが今後の財産になります。

※対策しっぱなしではなく、結果どう変化したか、うまくいったか行かなかったか、どの時点でOKか、など。

これが俗に言う運用ノウハウです。

というところです。

当然といえば当然なんですが、

これらを行うために最低限必要な知識と経験があることが前提です。

この番組の場合は医学ですが、他の分野に於いてもそれぞれの必要条件が存在するはずです。

存在しない分野がある?

それはネコ(の手)でも出来る仕事です。

人は要りません。

レックスには取扱時に資格が必要なもの、

取扱に資格は必要ないが運用に対しては資格が必要なもの、

特に資格は必要ないが計測条件を満たす環境を整えなければならないもの、

計測に一定の条件があるもの等、多種多様な計測機があります。

一人で全部見ることは出来ないので、複数の担当者が手分けして対応しています。

困ったら連絡してみて下さい。

レックスレンタルについての詳細については、コチラ↓

http://www.rex-rental.jp


タグ:

関連記事

コメント

コメントする

管理人にのみ公開されます

CAPTCHA