工業用内視鏡の新機種を設備しました

1年1組の岡です

花粉症がますます絶好調で今も鼻がむず・・・・
で・・・・・ふぁっくしょ~~ん!!σ(TεT;) ずる!

と言うことで、先週の土曜日に近所の耳鼻咽喉科へ行きましたところ先生が内視鏡で鼻の中を見て、「立派な花粉症です」と診断されました。

いったい、私の鼻の中に何が見えたのだろうか?
もしかして、ヒノキの芽でいっぱいだったのでは・・・・怖わ・・(°O°;

 ところで、当社にも工業内視鏡がレンタルでございまが、新機種のVJ-3Mがラインアップに加わりました。

ビデオ内視鏡世界最小クラスφ6.9ミリ先端可動式の硬質長を実現して、単三乾電池4本で使用できます。しかも、とてもコンパクト設計です。
これなら、壁の裏側、天井の中、その他狭い場所が(鼻の中?)鮮明に映し出せて、もちろん写真や動画も記録できる優れものです。

当社の一番注目候補に上がっております。

新規設備セールでお早目のお問い合わせをお待ちしております。

関連記事

コメント

  1. 岡様、こんにちは。
    この工業用内視鏡はいいですね~。
    先端φ6.9という極細なので機械の内部を観察するにはもってこいです。
    機械製品はますます小型化されていますので、内部に空間も無くなって来ています。
    そのような時に助かる製品だと思います。あとは回転部品に付けて観察したい。部品内部に組み込みたいなどのニーズもあるため医療用のカプセル型カメラなども扱ってもらえると嬉しいな~

コメントする

管理人にのみ公開されます

CAPTCHA