地中探査の現場で体験しました!!

情報化施工担当のOKAdesu

4月の中頃に、地中探査の業務依頼を請けまして、現場に立ち会う機会がありました。

某大学の敷地内に5階建ての研究棟を建設する予定地の地中の埋設物を探査して

報告書を提出することになりました。

使用した機器は、ユーティリティスキャン(GSSI社)です センサー 270MHZです

100m×25mのフィールド内を探査して、特に光ファイバーケーブルの位置を確認する

ことが、重要でした。(研究棟を結ぶデータ通信のため、切ると大変なことになるそうです)

現場は、土だけのでこぼこが目立つグランド様なところで、4輪カートを押しての探査も

少々困難なところもあり、地面との間に空洞があると画像的には見えづらいことも判断に

苦しむところです。

ただ、地層の違いによるレーザー反射の画像が顕著に再現されて、能力のすごさには驚きました。

結果的には、メッシュ状に探査を行い、データはPCで解析ソフト整理することになり、後日

無事、報告書を提出しました。

感想は、誰でも簡単に探査作業は可能ですが、画像判断にはやはり、慣れと経験が必要なことを

強く感じました。

タグ:
雑記|2010/04/26|Comments (0)

関連記事

コメント

コメントする

管理人にのみ公開されます

CAPTCHA