恒例その3

ガッチャガッチャマン恒例(?)のサーベイメーター数値集です。

以前と同じく歩くときはポケット、車移動ではドリンクホルダーに乗せてチラ見しな
がらの移動で計測したものです。見てないときに大変な数値が出ててもそれは無しと
いうことで。使用機材は同じくPA-1000です。
※単位はμSv/h(1時間当たりマイクロシーベルト)

・網走市内 0.026~0.036
・女満別空港 0.022~0.029

・八戸市内 0.039~0.055
・八戸道路 0.02~0.04
・久慈港 0.045~0.055
・久慈市内 0.047~0.080

・秋田空港 0.02~0.03
・秋田道路 0.023~0.033
・大仙市内 0.023~0.054
・大仙市南外 0.016~0.030

・足利市内 0.042~0.046

・高岡駅前 0.077~0.080
・小松市内 0.042~0.047
・金沢市内 0.04
・賤ヶ岳SA 0.067~0.070
・滋賀県内 0.060~0.063

・浜名湖SA 0.026~0.037
・富士山静岡空港 0.030~0.051
・島田市内 0.041~0.043

・名古屋市港区 0.024~0.036
・名古屋市南区 0.037~0.039

・伊丹空港 0.066

・尼崎市武庫之荘 0.060~0.070
・尼崎市内某工場内 0.052~0.056

・レックス 0.04~0.06

・徳島市吉野川河口付近土手上 0.050~0.063
・徳島市吉野川河口付近船溜り 0.03~0.04

今回の計測でも、ホテル内で線量が高い(0.08以上)場合がありました。
廊下ばかりではなく部屋の中の場合もあるので、ますます原因が?です。

・北海道のホテル(1ヶ所) 0.066~0.091
・秋田県のホテル(1ヶ所) 0.092~0.104
・栃木県のホテル(1ヶ所) 0.100~0.101
・富山県のホテル(1ヶ所) 0.117

また、高速等のトンネル内でかなり高い数値が出ることがありましたが、
この傾向も続いています。これも原因は?です。

・北陸道某トンネル内 0.064~0.097
・第二名神某トンネル内 0.093~0.102

またしても書きますが、通常の放射線基準では年間放射線量が1.5mmSv
(0.17μSv/h)以下の場合は日常放射線量として問題ないと言われて
います(自然放射線量)。
6~7月でもこれまでと同じく超えたところはありませんでした。

タグ:

関連記事

コメント

  1. トンネル内で高く出るのは、周りを鉱石で囲われているからではないでしょうか。
    また、ホテルで線量が高くなるのは、もしかしてラドン温泉のせいかもしれません。

コメントする

管理人にのみ公開されます

CAPTCHA