溶解性のない物質を測定するには?SS測定を利用しよう!

不溶解性浮遊物質は、SSである。
と言われても、なかなかピンと来ませんよね。

ここでは、不溶解性浮遊物質とはそもそも何か。
SSとは何か。
そんな基本的な事を解説していきたいと思います。

 

溶解性物質と不溶解性浮遊物質

まず、不溶解性浮遊物質を分かる為には、溶解性物質を理解する事が大切です。
参考にさせて頂いたコトバンクには、こう書かれてありました。

 

溶解性物質 ようかいせいぶっしつ

世界大百科事典内の溶解性物質の言及
【浮遊物質】より

…浮遊物質は粘土鉱物に由来する微粒子,下水や産業廃水中の微粒子,プランクトンやその他の微生物,粒子状の有機性物質などで,汚濁の原因となるばかりでなく,汚泥の原因ともなる。浮遊物質に対するものとして溶解性物質dissolved matter(略称DM)がある。両者を区分する方法は定まってはいないが,もっとも一般的には,0.45μm孔径のメンブランフィルターなどを利用したろ過により,通過できない成分を浮遊物質,通過したものを溶解性物質としている。…

出典 :
https://kotobank.jp/word/%E6%BA%B6%E8%A7%A3%E6%80%A7%E7%89%A9%E8%B3%AA-1432142

 つまり、水などの媒質に溶けないもののうち、沈んでしまわないものです。

 

SSとは?

次に、SSの説明に入ります。
SSは、直径2ミリ以下の不溶解性浮遊物質です。
不溶解性物質は、水質と外観を悪くさせます。

10μm以下の小さい不溶解性物質の分離は、「凝集処理」や「膜ろ過」が有利です。
一方、通常の10μm~2mm程度のSS成分であれば、通常の沈殿装置やろ過などで除去する事が可能です。

不溶解性物質とは、水中に浮遊または懸濁している直径2mm以下の粒子状物質の事です。
軽すぎれば、沈殿しないというのは何となく想像が出来ますよね。
不溶解性物質は、SSまたは懸濁物質(けんだくぶっしつ)とも呼ばれます。

濁り物質の正体は、降雨時に発生する土の粒子、沈降しにくい粘土の微粒子。
下水や工場排水などに由来する有機物および金属水酸化物などです。

測定方法は、試料水をガラス繊維ろ紙(孔径1μm、直径24~55mm)を用いてろ過・乾燥後、ろ紙上に捕集された量を秤量します。
試料水1リットル中の重さに換算して浮遊物質量(mg/L)とします。

 

水の濁り具合=水中への悪影響

浮遊物質が多いと、大変な事が起こります。
この浮遊物質が多くなると、まず水の透明度が低下します。
そして、魚類のえらがつまって死んだり、光の透過が妨げられて水中植物の光合成に影響し、発育を阻害します。
また、魚の産卵場、ノリの養殖場等での懸濁・付着などによる障害が発生します。
小さくて軽い浮遊物質ですが、これが多すぎると、このような悪影響が起きてしまうんですね。

 

河川の濁り(SS)と透視度の相関性

SSの測定は乾燥器や天秤などの器具が必要なため、現場で簡単に測定できないという欠点があります。
結構、面倒臭いんですね。
これに対して透視度は、透視度計さえあれば、どこでも手軽に測定できるという利点があります。
そこで、降雨時に採水した河川の濁水の透視度とSSを測定して比較すると。
透視度の逆数とSSの値には比例の関係が見られます。
この関係から、透視度を測定すれば、SSの概略値を推定する事が出来ます。
但し、残念ながらこの相関性は、同時期の同地点での測定に限定されます。

 

いかがでしたでしょうか?
小さい物質であるSS。
こんな小さなものが集まれば、大きな被害を水中に与えてしまうのですね。
水の透明度を守るためにも、定期的にSSはチェックしなければならないのかもしれませんね。

参考文献 :
図解入門 よくわかる 最新水処理技術の基本と仕組み[第2版]

タグ:

関連記事

コメント

コメントする

管理人にのみ公開されます

CAPTCHA