無線通信は難しい・・・

こんにちは~
シス@です。

先週、無線LANを経由したシステムを使用されているお客様から、通信できないという連絡がありました。

この現場は、元々条件があまり良くなく、設置時にも苦労した経緯があります。

念のため、若干受信感度の高い、交換用のアンテナを持参し、対応することに。

現地に到着し、場所の確認、アンテナの状況を確認すると、木が成長して、電波の通り道にかかっているようでした。

これでは、アンテナを変更しても改善する可能性が低く、アンテナの移設が出来れば、解決するのですが、基本的に移設はNGですので、出来る範囲で、方向と位置調整をして対応することに。

アンテナを固定している、ステーの位置を変更し、向きを変更したところ、無事、通信を再開しました。

無線LANま周波数が高い(直進性が高い)ため、元々障害物には弱いのですが、2点間の距離は300m程度なのに対して、移動した距離はわずか1m

この1mで通信の分かれ目になるとは、非常にシビアです。

ちなみに、この現場では、騒音振動測定システムを設置していますが、最初から通信の不安があったので、各所でデータを計測し、計測結果を集中管理する方式を採用しています。

タグ:

関連記事

コメント

コメントする

管理人にのみ公開されます

CAPTCHA