熱電対線

ひつじ組の岡です

我が家へ下宿中の姪の就職先がどうやら決定しそうです。

和菓子の老舗で、同市内の中山寺にある有名なお店らしく

先週は3日間くらい、朝早くから見学を兼ねて手伝いに行って

まー自分に合うかなと決心をしたようです。

最終の結論はまだですが、なんとか落ち着きそうです。v(=^-^=)v

と言うことで、本人は、安心したのか・・・・ディズニーランドへ行っています

話は変わりますが、温度測定のお問い合わせも多くなりましたので

以前のブログを再度掲載いたしました。

データロガーのご案内をいたします。

すばらしい性能を持ちながら、あまり皆様に知られていないのか
活躍の場が少ない機器のひとつです。

代表的なところで、コンクリート養生時の温度管理を目的に

熱電対線と同時によくレンタルをご利用いただいております。

***熱電対とは?
異なる材料の2本の金属線を接続して1つの回路(熱電対)をつくり、
ふたつの接点に温度差を与えると、回路に電圧が発生するという
現象がおきます。
この現象は、1821年にドイツの物理学者トーマス・ゼーベックによって発見され、
ゼーベック効果と呼ばれています。

片端を開放すれば、電位差(熱起電力)の形で検出することが可能です

熱起電力は、組み合わせる金属の種類と両接点の温度差には依存するものの
構成するふたつの金属の形状と大きさには関係しないため、この現象を利用した
多くの温度検出端が開発されました。一般にこの現象を利用した温度検出端を
熱電対といいます。
***

弊社設備のデーターロガーは、UCAM-60A がございます

入力には、ひずみゲージ、ひずみゲージ式変換器、測音機能付土木変換器
直流電圧/電流変換センサ、熱電対、白金測音抵抗体、

ぽてんションメーター式センサーを直接接続でき、測定結果を物理量の直読値として

得ることができます。

その他、30チャンネルまで対応可能になっております。

高速スキャニング(標準50ms/チャンネル、高速20ms/チャンネル)

工業計測から、土木施工管理まで、幅広くご利用いただける機種です

詳しい資料につきましては、いつでもご連絡いただけましたら、ご案内させて

いただきます。

タグ:

関連記事

コメント

コメントする

管理人にのみ公開されます

CAPTCHA