ガッチャガッチャマンとその愉快な(?)仲間による現場ネタ。その1

ガッチャガッチャマンです。

これだけの数の現場訪問があると、現場でやらかすこともあり、やらかしを見聞することもあり。

笑えてる間はいいのですが、現場では一つ間違うと大惨事になる可能性も結構あるので、

用心に用心を重ねなければ!!!!

ということで、気をつけようネタから。


まずはガッチャガッチャマン本人のやらかし。

2b30bf36ca293b024f89643abb8957a3_s

海上の現場では陸地と本船の行き来には交通船を用います。
工事会社が連れてくる担当者や地元の漁師さんだったりします。
この交通船と本船間の行き来の際に誤って海中に落下する確率は結構高いそうで、甲板付近や交通船での転落事故(落水といいます)防止のために、KY(危険予知)活動では必ず”足もと注意”の項目があります。
実際に落ちたことはないし、落ちるところも見ていませんが、あるとき慣れ(油断と同義です)もあって本船のハシゴから交通船の甲板へぽんと飛び移りました。
途端足が滑って交通船の中で尻餅!
このとき横で見てた工事所長の顔の怖かったこと・・・・

二度としません。


別の現場

別の現場では曳き船に引かれて移動中の本船に交通船から移る必要があったのですが、横から近づくと小さな交通船は巻き込まれて沈められる可能性が高い(これは知ってました。流体力学のお話です)ので本船の後方から近づいていきました。
通常の移乗と同じように本船の手すりを捕まえようと手を伸ばした途端、交通船の船長が大声で「触るな!!」って。
両方の船が動いてる場合は、しっかり押しつけてずれないようになるまでは手足(だけじゃないけど)を出してはダメなんですね。また裂き状態になったり挟まれたりで、大けがあるいは命に関わる事故にも繋がってしまうんです。

これもビビったので二度としません。


もう少しかわいい(?)よくある話。

f37a15d6c62db2b2a42b42e59c170cf5_s

ガッチャガッチャマンが同僚のW氏と潮位計システムの取付に行ったときのことです。W氏がポケットに入れていた携帯電話がするっと・・・・・
そこの現場の人たちはそれを知った時に「人が落ちんでよかった」とか「こういうの(ストラップ)を付けといたらよかったのに」とか色々言ってくれました。
で、同じ会社の別の現場へ行ったときのことです。
みんなが、
「よお、携帯を海に落としたWさん」
って挨拶してくれて。
新人だったW氏は「今はこのストラップ付けてますよ」って返すことで、一発で各現場に認知されて設置の仕事が楽になったそうです。


実はこの3つのエピソードは全部同じ会社の現場での話です。特に怪我したわけでもないので問題はなかったのですが、この時点で色々気をつけることで大事故にならないような体制になっているということを実感しました。

実際にこの建設会社にはもう20年近くガッチャガッチャマンが出入りしているのですが、行ってない現場も含めてその間死亡事故は一件も起きていません。

3年ほど前に書いた「ハインリッヒの法則」の見事な運用ですね。

タグ:

教訓?

レックスでは毎日の朝礼の際に、抽選で当たった人(PCの乱数による)が
何かのお題(PCの乱数による)について即席でしゃべるコーナーがあります。

予習は出来ないし、その場で何か笑いを取る・オチを付ける・結論付けをする、などの作業をしなければならないのでなかなか大変です。

ガッチャガッチャマンはまだ1回しか当たったことがないのですが、3回以上当たってる人も居ます。
当然のことですが、外勤や出張で居ない人よりも内勤で常に居る人の方が良く当たるわけですから、不思議ではありません。

 

お題そのものは特に難しいことはなく、
おすすめの本・ショップ・映画・HPなど、好きなもの、マイブーム、休みにに何をしていたか、などですが、
たくさん当たるということはそれだけネタが必要なわけで、普段からの情報収集能力やコメント能力が試されます。
時事ネタなどは用意していても1週間当たらなければ陳腐化してしまうので、常に更新が必要です。

キャプチャ

大変ですが、これはスキルアップのためにはすごくいい方法だと思います。

特に現場での作業については機材のトラブルや環境変化も含めて何が起きるかわかりませんから、常に臨機応変の対応が可能なようにしておく必要があるのです。
落語の三題噺みたいに、知識や経験のの蓄積・連想や発想などの頭の回転・オチを付けるなどの短時間で話をまとめる力、これら全部が揃ってないと単に”昨日(一年前でも同じ)あった話”で終わっちゃいます。

 

以前はちょっと変わっていて、何か芸を見せるというお題があったので、もの真似をしたり歌ったり寸劇をしたり。
流行言葉やお笑い芸人のネタを仕入れている人も居たんですが、芸能関係に弱いガッチャガッチャマンにとってはなんだかわからないものも結構ありました。

こちらの方は役に立たないことはないけれど、得手不得手や特定個人への負担が大きくなるということで廃止されました。
残念なことは「社長または専務による(社員全員への)スタバなどの差し入れ」という”お題”も消えちゃったことです。

結構当たったので楽しみにしてたんですが・・・。

キャプチャ

 

話は戻って、ガッチャガッチャマンは”多趣味で興味の範囲が広い”ことになっているので話題には事欠かないはずなんですが、
微妙に多数派からずれていることが多くて遠慮してるネタがたくさん。これも困りもんです。

ただ、他の人よりも大きなアドバンテージは出張が多いことです。出張が多いから当たりにくくてお題について考える回数が少ないから? ではなくて、出張の内容をネタにすることが出来るからです。

元請けや発注元の態度、作業担当者ネタなどの現場の様子以外にも、往復の交通機関や宿泊、食事に至るまで毎回全く同じものはないので、結構笑いも取れるし。

と考えてたら、現場でガッチャガッチャマンがネタになってる可能性もあるってことに気がつきました。
松葉杖で現場行ったり、日時の変更を知らなかったり、迷子になったり、いろいろやってます。

気をつけなければ。

こういうのを”人の振り見て我が振り直せ”ってんでしょう。

タグ: