こんにちは!ごまです。

早速ですが本日設置してきました河川警報システムの

お話を少しさせていただきます

 

このシステムの大体は橋にセンサを取り付けます。

しかし、センサの測定範囲は5mで、高い橋だと

架台や単管などで水面より5mのところまで下して取り付けたり

します

 

今回は橋の手摺から水面まで約12mなのでセンサを7m程下さなくては

なりませんでした

4mの単管を2本継ぎしました。

下すのにものすごいパワーが必要なので、このプレイを

できるのも弊社メンバーでも限られます(笑)

 

下してみて数値を確認すると水面まで4.5mでギリギリ

範囲内になりましたのでOK!!

あとはこの数値からどれくらい水位が上がったかを3段階で決めて

3種類の音声と回転灯でお知らせします!

メール警報も可能です!

 

 

 

タグ:
雑記|2013/01/11|Comments (0)

関連記事

コメント

コメントする

管理人にのみ公開されます

CAPTCHA