赤外線サーモグラフィが1µmの差で輸出許可に引っ掛かる?!

赤外線サーモグラフィが1µmの差で輸出許可に引っ掛かる?!

当社レックスには、上の写真のような赤外線サーモグラフィ2機種があります。
片方はいかにも計測器という感じですが、もう片方は見た目デジタルカメラです。
見た目はもちろん使い勝手も違いますが、法律上の違いもあります。
見た目計測器の方は、輸出貿易管理令の規制リスト該当品で、日本国外に持ち出す場合は、経済産業省の輸出許可が必要となります。

この輸出許可を取るのには、2カ月くらい掛かるそうです。
以前、テレビ番組の制作会社から外国のロケで使いたい、というお問い合わせをいただいたことがありますが、そのせいで残念ながらボツとなってしまいました。

その頃は、TVS-200という機種しかなかったので、どうしようもありませんでした。
今回、追加された2機種のうち、見た目デジタルカメラF30Wは規制リスト非該当です。

したがって、メーカーなどの非該当証明(判定書)さえあれば、国外への持ち出しができます。

では、どこが違うのかというと...
センサーの「測定波長」です。

TVS-200TH6300Rは、8-14µmとなっていますが、F30Wは8-13µmです。
たった1µm波長が違うだけですが、この差が大きいわけです。
(参照 : http://www.meti.go.jp/policy/anpo/matrix_intro.html )

 

輸出貿易管理令・省令第9条の別表リストには、「要素素子を2次元に配列した赤外線熱型フォーカルプレーンアレーであって、それぞれの要素素子がフィルターのない状態において 8,000ナノメートル以上14,000ナノメートル以下の波長範囲で感度を有するもの」 と記されています。
(ちなみに、フォーカルプレーンアレーは ” Focal plane array “で、訳すと「面配列焦点」という意味になります)

1,000ナノメートルは1マイクロメートルなので、8-14µmは該当するが、8-13µmは該当しない、というわけですね。
多分、計測器としての性能的には、この1µmの差で、測定温度範囲とか温度分解能とかが違ってくるのでしょうけど、私には、国外に持ち出せる、持ち出せない、の差はもっと大きいような気がします。

もし、外国で赤外線サーモグラフィを使用する必要に迫られた際には、ぜひ当社レックスにお問い合わせ下さい。

タグ:

PM2.5の計測も、レックスにお任せください!

こんにちは。ご無沙汰しています。おむりんです★

2月も後半になったというのに、まだまだ寒い日が続いていますね。しかも昨日今日と冷たい雨続き。。。

冬が嫌いな私は、最近ますます家に引きこもっています。外に出たくない 😥

 

私が部屋にこもっている間に、大きな話題となっているのが、中国から飛来する大気汚染物質。

PM2.5などとも呼ばれていますね。

ちなみにPM=粒子状物質の意味で、その中でも2.5μm以下の微粒子のことをPM2.5と呼んでいます。

一般的にいわれる粉塵は10μm以下ですから、かなり小さな粒子ですね。

粒子が小さいと、人間が吸い込んだときに肺の奥まで粉塵が到達するため、人体への影響も非常に大きいといわれています。

日本ではまだですが、すでにアメリカでは環境基準に組み込まれているそうです。

 

そのPM2.5に関して、今日の新聞でこんなニュースがありました。

PM2.5:環境相が総務相に支援要請 観測機器の整備で(毎日新聞)

正式に計測を行うとなると、500万円以上の計測機器が必要になるそうです。

このニュースの支援が実現すれば別ですが、そう簡単には購入できそうにありません。

とはいえ、なかなか避けることは難しい大気汚染ですから影響は心配ですよね。

 

そんな時、簡易的にPM2.5を計測できる機器が、実はレックスにはございます。

その名も。。【ダストトラックMODEL8530】

環境基準が以前から定められているアメリカ製ということもあり、

付属のインパクタキャップを使ってPM2.5の計測が可能です。

 

PM2.5の計測でお困りであれば、是非一度お試しくださいね。

他にもレックスでは環境計測機器を多数扱っていますので

お探しのものがあればお気軽にお問合せください(`・ω・´)

 

タグ:

10月といえば・・・展示会のシーズンですよ!

みなさんこんにちは!おむりんです(`・ω・´)

三連休、みなさんは楽しく過ごされましたか?私は特別なことは何もしていないのですが、近くの川を散歩したり、リラックスした休日を過ごすことができました。

つい先日まではとっても暑かったような気がするのに、いつの間にか朝晩はすっかり肌寒くなりましたね。10月なので当然といえばそうかもしれませんが。。。

 

さて、10月といえば何の季節でしょうか?読書の秋?スポーツの秋?それとも食欲の秋??

実はレックス的には「展示会」のシーズンなのです!

レックスでは10/10(なんと今日です!)から東京にて展示会に参加します!私も見る側として参加したことはありますが、実際に出展するのは始めての経験でわくわくデス。

10/10(水)-10/12(金) 第6回総合検査機器展(東京ビックサイト)

 

そして大阪でも!10/31(水)-11/2(金)計測展OSAKA2012(グランキューブ大阪)

 

 

招待状を持っていない方でも、HPより事前登録していただけましたら無料で入場いただけるようです!

 

とてもありがたいことに、私たちのHPは沢山の人にご覧いただいておりますが

実際の計測機器を見て、触れる機会は残念ながら少ないと思います。

今回は、最新の計測機器を多数ご用意して、実際にデモンストレーションなども行う予定ですので、是非お気軽にご参加くださいね!

このブログを見ていただいている一人でも多くの方と実際にお会いできるのを、レックス一同心から楽しみにしています★

みなさまのお越しを心よりお待ちしております。

大阪の方は、私も参加しますので、そちらも是非覗いてみてくださいね!

タグ:

ロマン☆産業遺産

こんにちは!おむりんです(`・ω・´)

暑い日が続いていますね。今年は猛暑になるそうです、私はもうノックダウン寸前です。。といってもいつも冷房の効いた部屋でお仕事させていただいているのですが。ありがたいことです。

気を取り直して。先月の3連休、一人旅で博多にいってきました!

目的は、3年前くらいからずっと行きたかった【志免炭鉱跡】です。

博多から2-30分ほどの無人駅が最寄となるのですが、到着したときにはあまりのうれしさに構内をダッシュしてしまいました。今思うとちょっと恥ずかしいです。。大人なので

変な建物!と思われるかもしれませんが割と有名な産業遺産です。

もともと日本海軍の保有だった志免炭鉱は、1889年に開坑してから終戦以降1964年まで、日本の軍事及び産業を支えてきました。

この志免炭鉱の一番の特徴は、なんと言ってもこの建物のフォルムにあるでしょう。一見不思議な形状のこのタワーは、掘り出した石炭を引っ張り上げるための巨大なエレベーターのようなものです。

実用性を追求したこの形が、こんなにも美しいのは不思議なものです。だからこそ魅力的で美しいのかもしれませんが。。

2000年代には取り壊しの危機などもあったようですが、なんとか無事に乗り越え今に至ります。現在は公園の中に組み込まれ、地元の方も集う場所になっているようで、それもまた、なんだかいいですよね。

 

 

と趣味の話が長くなってしまいました(´・ω・`)

とにかく、歴史的にも価値がある、そしてなによりかっこいい!建物なのでした。

 

国内唯一、そして最大の立坑櫓でもあるこちらの炭鉱跡。

計測機器の仕事をしていると、学生のころよりも身近に感じられるような気がしています。

 

当時の炭鉱では、命にかかわるような事故も多かったと聞きます。

今のような防災設備や計測機器などもなく、当たり前といってしまえばそうなのかもしれませんが、そんな危険の中お仕事をされていた方々には本当に頭の下がる思いです。

例えばガス検知システムなどを使えば、防げる事故もあったかもしれませんね。

 

私たちの計測機器やシステムを役立てていただけるのはもちろん立坑工事だけではありませんが、現場でお仕事されている方の安全を守る力に、少しでもなれたらいいなと感慨深い一日でした。

 

 

 

 

タグ:

【レーザーバリア】初めての設置 その結果は。。。

こんにちは!おむりんです☆

みなさま一週間、お仕事お疲れ様でした。

関東のほうでは、雨や雹や不思議な天気が続いているようですが

こちら西宮はなんだかんだでよい天気です。ピクニックに行きたいですね。

 

実は今年の4月から、計測機器単体に加え、計測システムを担当することになりました。

そして初めて注文いただいた【レーザーバリア】を先日自分の手で設置してきました!感動です!

とはいっても私は雑用しかできませんでしたが。。

設置後の写真がこちらです☆

 

現場のかたがたの手際のよさに思わず見とれてしまいました。

レーザーバリアは、見えないバリアをはることで重機などの接触事故を防ぐことができます。

単純な面のバリアを張るだけではなく、事前に障害物などがある場合にはそれを避けるような設定も可能なスグレモノです!

 

注文いただいた機器を、自分の手でお届けして、結果を見届ける。。

私たちの仕事の基本的なところに立ち返れたような気がします。

とても新鮮で、素敵な体験ができた一日でした☆

 

 

タグ: