AED早得キャンペーンのお知らせです!

おはようございます!ほっこりこです^^

暑い夏が近づいてきましたね!

夏季には、イベントなどが重なるということもあり、

AED設置の必要性が急増いたします。

昨年夏の時期もAEDが大人気で、在庫面でお客様にご迷惑をおかけしました。

今年はそのようなことのないよう、設備の増設も含めて

準備をしておりますが、現状でも、かなりのお問合せを

いただいている状態です。

そこで今回、「早得キャンペーン」を始めました!
早得キャンペーン」とは??

・商品の入手が難しくなる夏場に、確実にお届けが可能です。
・特別割引き価格にてレンタルいただけます。
・レンタル期間やオプション品などのご相談も承ります。

詳しいサービス内容は、コチラ→http://www.rexaed.com/campaign/index.html

6月18日までにご連絡をいただければ、

上記の特典もお付けできますから、ぜひお早めにご連絡くださいませ!

*******レンタル以外にご購入も承っておりますので是非、ご相談ください。*******

タグ:
雑記|2010/06/09|Comments (0)

セオドライトが昔頑張っていたという話。

ジジレンジャーよりも爺(じい)レンジャーのほうがGレンジャーになるのでかっこいいかなと思っているガッチャガッチャマンです。

今回の「昔がんばった機材」は光学式のセオドライト(トランシット~経緯儀)です。
今ではセオドライトの角度表示などは全て液晶などの画面でディジタル表示されていますが、もし電池が切れたら使えません。電池買ってくればいいのですが、山の中や離島などでなかなかそういかないこともあります。充電式だったらもっと大変ですね、電源があっても充電するまで時間がかかります。
ところが昔からある光学式のセオドライトでは電源は必要ありません。ディジタル式の場合は、分度盤(角度を記した円盤)を機械が読み取った結果が表示されるので電源が要りますが、光学式の場合は分度盤に記された目盛りを人間が(!)直接読み取るので、ご飯は要りますが電源は要りません。
セオドライトの性能や価格によりますが、マイクロメーターを併用すると読み取り値は0.1~10秒くらいいけます。かなりのものです。

昔よく使われた光学式セオドライトにソキア製のTM20というシリーズ(よく見たのはTM20ESです)がありました。精度は10~20秒のものですが、4kgという軽さだったので現場ではかなり重宝されました。
軽いといっても今の樹脂製のものと比べるとそこそこ重量があるんですが、その分丈夫だし。

このTM20ESもマイクロメーター付きでした。光学式セオドライトのマイクロメーターはちょっとくせがあり、慣れないと使いづらいところがあります。同じ”マイクロメーター”といってもレベルのものとは全然別です。
光学式のセオドライトは他にも水平角の0セット方法や照明の取り方など、ディジタル式に慣れた人には”???”となるような操作がいろいろあります。

誰でも測れます、というのは良いことなんですが、その分熟練を必要としなくなるので、実測や準備などでかえって時間をとられることも多いように見受けられます。使うほうもしっかりしないといけませんね。せっかく良い道具があるのに。

タグ:

建物の振動測定

こんにちわ、投稿2回目のシス@です。

振動の大きさを表す単位や尺度には色々なものがあります。

工事振動や公害振動は、一般的に振動レベル(dB)で測定されます。
振動レベルは人の感覚に近い尺度にするために振動の大きさを対数で表しています。
また、人の感じ方にあわせるように、感覚補正を行っています。

地震の場合で一般的なのは震度です。
ニュースなどでも地震があると、ニュースなどで各地の震度を表示するので馴染み深いと思います。(震度も人の感じ方が基準になっています)

余談ですが、震度は昔、体感した揺れや周辺の状況によって人が、決めていましたが、今は地震計による測定に置き換わっています。

それ以外では、速度(cm/sec、m/s)、変位(m、mm)、加速度(m/sec2、cm/sec2)などの尺度が使用されます。
構造物(建物や橋など)の揺れに対する強さや、被害を扱う場合には、カインcm/s、GAL(ガル)cm/sec2が使用されたりします。

先日、騒音振動システムを納品したお客さまで、最初は普通の振動と言うことでdBでの測定だったのですが、
実際には、周辺施設の振動管理ということで、GALで管理する必要があると言われました。

そこで、管理値であるGAL(cm/sec2)をdBに変換した値で管理する形で使用していただきました。

dBは加速度(m/sec2)を対数に変換したものなので、簡易的な変換が可能です。

振幅(変位)や周波数など、より詳細な管理が必要な場合には汎用振動計を使用することになります。

タグ:

金星探査機 打ち上げ成功 バンザイ

情報化施工担当 岡 です

5月21日に国産大型ロケット「H2A」17号機が無事打ち上げに

成功したことは、喜ばしい話題ですね。

金星探査機の「あかつき」と「イカロス」など、計5機の小型衛星を

搭載しており、約2年間において金星の大気の状態を観測するそうです

金星の大気は、ほとんどが二酸化炭素から成り立っているが、ある層の

高度では、太陽系の中で地球と一番似ているそうで、地球温暖化に

おける影響の研究にもなるそうです。

将来の子供たちのためにも、良い研究結果と対策を期待したいですね。

宇宙航空研究開発機構(JAXA) 様とは、超高精度3次元計測機器にて

お手伝いさせていただいております。

ライカの技術は、工業計測の業界では、不可欠なメーカーの存在です

今は、3次元レーザーに代わってはきていますが、高精度セオドライトの

システム「MANCAT」は健在です。

詳細をお聞きになりたい方は、いつでも連絡をお待ちしております。

タグ:
雑記|2010/05/24|Comments (1)

サーモグラフィは口蹄疫に役立つか?

元気ですかー!家庭内ホームレス・ISO爺マンです。

世間では、「口蹄疫(こうていえき)」が騒がれていますね。
宮崎県は大変なようです。東国原知事も相当まいっているようで、イライラしてインタビュー記者にかみついた、というような記事もありました。

今回の騒ぎは、どうも政府の初動対策の立ち遅れが状況を悪化させた原因だというふうに、ネット上ではうわさされています。

また、新聞では、発覚以前の段階で、初期症状が教科書通りでなかったため、獣医が診断を誤った、とあります。

私も、Wikipediaで「口蹄疫」を調べてみましたが、特徴的な症状としては、
● ひづめ周りが熱を持つ。
● 多量のよだれが出る。
● 口内に水疱ができる。
● ひづめ周りに水疱ができる。
といった症状があるそうです。

うーん、サーモグラフィが使えそうな気もしますが...
しかし、「口蹄疫」は非常に感染力が強い上、感染した家畜の体内でウイルスが大量に増殖するため、一旦発生すると、かなり広い範囲で家畜の移動制限区域を設け、最終的には症状が出ようが出まいが、殺処分してしまうのが一番の対策らしいので、症状の確認は無駄なんでしょうね。

まあ、今回の騒動が決着した後で、定期的又は日常的な家畜の健康チェックを行う上では、効果はあるかも知れません。